2013年01月18日

「売春捜査官」よりシーズン入り。

13日の夕方、Edge Bronx Theater「売春捜査官」を観てきました!
何かと話題だった公演。楽しみにして久々の万代市民会館へ。
今年初めての公演ですし、ここから皮きりに公演シーズン突入ですね。

以下、またも拙いながら観劇した感想などを。



まずはじめに。
俺、今まで「つかこうへい作品」を観たことがありませんでした。プロアマ問わず、皆無。
「売春捜査官」=「熱海殺人事件」のバージョンのひとつ。
ということも観劇後に調べて知ったくらい。
曲がりなりにも演劇人としてソレどうなんだ?という感じではありますが。

なので、「それ原作に準じているよ」という声もあるかと思いますが、
あくまで1個人としての感想を述べさせていただきますね。



とても良かったです。観に行って良かった。類稀なインパクト。
「ウチらも頑張らなきゃ」って思わされますね。それくらい刺激的でした。

枝並さんは初めて観ましたが、独特の魅力を持った良い役者さんだと思います。
存在に華がある、というか、華のある新潟トップ女優陣にイメージがとても似ています。
そういった意味でも、今後にもより期待大。

荒井さんは流石の存在感。自身が前に出るというより、周りを引きたてているように感じましたが、
それでも観ている側を「ハッ」とさせるのは凄い。
羽田さんとのシーンが特に素晴らしかったです。まさにぶつかり合い。

高田さんは良い役者さんに成長したなぁ、と思いました。ここ最近でスゲー成長力。
新潟の男優では屈指の伸びっぷりを見ました。まだまだ伸びそう。
皆言ってるかもですが、印象に残るシーン(あの場面ね)をキメられたのはカッコイイ。

羽田さんは久しぶりに観たのですが、すごいエネルギーですね。
荒井さんとのシーンは相当稽古したんだろうなぁ、と思いました。
登場から全編フルスロットルも好印象でしたが、
前半冷静なイメージで後半に爆発してたらもっと圧倒的な存在感を見せつけられたかも。

あと、逸見さんもワンポイントながら、独特の存在感(キモさ)でした。
いい感じで異質だったので、もうちょっと出番を見たかったところ。


役者だけでなく、スタッフ・サポート面でもとても感心しました。
特に演出・プロデューサーの岡田さんの企画・宣伝・制作力。
これなくしては今回の成功は無かったんじゃないか?と思いました。
それに応えるように、お客さんも大勢来ていました。
全編にわたって「多くの人達に観てもらえる公演」をしっかりと作りあげたのは凄い。



それから、個人的にちょっと気になったところも書いておきますね。
あくまで1個人の意見なので、「こんなコト思った人もいるよー」くらいに考えてくれると幸いです。



音響デカ過ぎ。耳割れるかと言わんばかりの勢い。曲流れながらのセリフはほとんど聞えません。
けど、わずかに聞こえるから、「何言ってるんだろう?」と聞き耳を立てちゃう。
すると大音響に耳をやられる、っていう。
いっそセリフ無くて動きだけでも十分効果的だったと思いました。
(ただ、この大音響の演出は原作に準じているんですね。観劇後に知りました)

キャスト紹介時の生歌、個人的には面白かった試みでした。
だがしかし、先川ファンの一員・ヤマダとしては、先川さんにも歌って欲しかったっす!
…もうホント個人的希望ですすいません。
でも先川さんの生歌聴いてごらんなさい!感動すっから!

迫力あるシーンが満載の公演でしたが、それぞれの役者における声のボリュームに差があったように思いました。
聞こえてきたり、聞こえてこなかったり、聞こえ過ぎちゃったり。
感情マックスでの応酬なんだけど、セリフの存在感的には拮抗していない所もあったような感じ。



あと、何よりも気になった所は、EBTさんの公演とは離れたコトになるので、追記に書いておきます。
(ちょっとアレなんで、別にしました)



とは言え、とても刺激的な公演でした!
ユニット公演だったけど、今回限りにするのは勿体ないですね。
「停滞している」と言われがちだった新潟演劇界に一陣の突風を吹かせてくれた公演でした。
ぜひぜひ次回公演を!期待していますよー。

当日パンフレットにも、沢山の公演チラシが折り込まれていました。
中には今年の10月公演も!スゲー!

なんか新潟演劇、かなり盛り上がってきてないか?
少なくとも2013年はひと味違う!

と思わせるには十分なスタートになっていると思います。
ウチらもマジ頑張らなきゃ。





続き。
「売春捜査官」という物語について、個人的に思ったこと。
EBTさんの公演とは全く関係なく、物語自体のメッセージ性のこと。
公演自体を悪く言っているワケじゃないから誤解しないでくださいね。


続きを読む
posted by やまだ@頑張るっす at 12:53| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

あらためまして、明けましておめでとうございまっす!

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
振り返ってみると色々なコトがあった1年。
今年も何だかんだで色々あるとは思いますが、前向きに頑張っていきますよー。

クリスマスは奥さんの実家にてクリスマス会してプレゼント交換。
年末は奥さんの実家にて紅白見ながら寝落ちしつつ年越し。
年始は奥さん一家にて起床、お雑煮おかわりして満腹になったら初詣。
何かと家族交流を重んじる年末年始となりました。
ひとり暮らしが長かったので、温かい正月を迎えられるのは有難い限りです。

そうそう、今年は何だか賑やかな初夢を見ました!
なかなかにインパクトのあった今年の初夢。ちょっと書き出していこうと思います。


舞台はハンニャーズ稽古場。
どうやら次回公演のチラシ撮影を行っているようです。
あーでもない・こーでもないと知恵を出し合うメンバー達。
そこに中嶋キャプテンの鶴のひと声。

「今回のチラシ撮影にはゾウ(アフリカゾウ)を出そうと思う!」
と言ってゾウ(アフリカゾウ)をマジで引き連れてきました。えマジで!?

いざ写真撮影。
…が、デカすぎて全くフレームに収まらないゾウ。
あっさりと「無理だった!」と諦めるキャプテン。
普通に「ウルトラリップス」のようなチラシを撮影することとなりました。
コイデさんとげんぱさんが揃って撮影。
そんな中、げんぱさんが何気なくひと言。

「最近、筋トレに凝ってるんだけど、なかなか思うような筋肉がつかないんだよねぇ〜」

あらためて目を凝らして見てみると、げんぱさん、筋肉隆々。ボディビルダーのよう。
コレでも思うような筋肉ではありませんか…
げんぱさん「まぁ、今年はビッグに生きる予定だからイイけどね!」嬉しそう。
俺も「よろしくお願いします!」何をお願いするんだ、何を。

そんな傍ら、ヨコヤマさんは稽古場建物の脇にて植樹をしていました。
何かの果物の苗木らしいです。一生懸命植えています。
ヨコヤマさん「ヤマダさん、見て下さいよコレ!」スゲー嬉しそう。
俺も「コレで食べ物には困りませんね!」と嬉しそう。

そんなカオスな写真撮影をヨソに、俺は電車に乗って新潟市街地に向かいました。
高校の卒業式があるからです。ヤマダ、高校卒業です。

柏崎第二中学校の体育館では、すでに卒業式が始まっていました。
どうやら卒業生代表が送辞を読んでいるようです。
しかし、マイクの調子が著しく悪く、全く声が聴こえません。
代表、とうとうマイク無しのアカペラで話し始めました!

そしたら何と何と、舞台俳優も真っ青の良い声!何だこいつは!?

良く見たらモロガテン系のオッサンでした。高校生ですよね?
送辞を聞いた先生(明らかにオッサンより年下)が感動しています。
先生「彼は40歳という年齢のハンデにも負けず、高校を無事卒業しました」
と言っています。なるほど、再チャレンジですね。納得。
40歳になっても勉学心を忘れない。ヤマダも感動です。

と感心している俺も36歳で卒業式に出席していました。しかも遅刻。
「俺は何てダメな人間なんだ…」と猛烈に落ち込みました。

…と同時に目が覚めました!ヤマダの初夢。これにて終劇。

何を暗示しているのか全く読めませんが、エキセントリックな芝居はしたいようです!
今年もよろしくお願いします!
posted by やまだ@頑張るっす at 20:00| 新潟 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

あけましておめでとうございます!…の前に。

去る12月22日、「第1回・新潟演劇飲みニケーション」に参加してきましたー。
参加する直前まで、「面識ない人達とどうやってお話しよう?」とか、
「知り合いばかりしか集まらなかったらやや寂しいかも」とか思ったりしましたが、
参加してみてビックリ。かなりの大盛況。
初めましての方々も多数。お酒飲みながら、色々なお話して交流させていただきました!

参加してみて、すごく実感したのですが、
「新潟の演劇界の見通し、結構明るいんじゃね?」ってコト。
直前には「新潟の演劇界の見通しが暗い」的なコトを耳にしたりしましたが、
決してそんな悲観的でもないと思うんですよ。

学生・社会人ともに仕事や日々の生活で手一杯な中、
決してメジャーではない「演劇」を趣味として公演を行っている人達。
または、演劇に対して(大きさの大小はあったとしても)興味を持ち、劇場に足を運んでくれる人達。
そんな人達が大勢、思いを持ってエントにこうやって集まって交流してる。

それだけでも、スゲーコトだと思うのです。
それだけでも、新潟の演劇界は決して暗いものではないと思うのです。

勿論、上を目指そうと思うならば、困難なコトも多いと思いますが、
まずは「演劇するの・観るのって結構楽しいっすね」と思ってもらうのが一番大事。
「飲みニケーション」これ定期的に行えたら、とっても楽しいコトになりそうな予感。
ココでの交流から、ユニット公演を行ったり、新しい劇団を立ち上げたりしたら。
うん。考えただけでもワクワクします。

そんなコトを考えたり、話してたりしてテンション上がりまくり。
アゲアゲなテンションそのままで自宅に帰って、翌日仕事なので床につきました。
なんだか良い夢を見たような気がします。

翌日朝。
二日酔いで最低のテンションにて起床。

うーん…気持ち悪ぃぃ…

青息吐息で仕事に行ったものの、半日デロデロでした。
そういえば先に行ったハンニャーズ忘年会でも飲み過ぎて瀕死だった俺でした。
お酒、弱くなったなぁ。

アルコールに弱くなりつつも、お酒飲みながらの交流はとっても楽しかったっす!
つくつなメンバーの皆さん、とっても良い場をありがとうございました!
ぜひ、次回も参加したいと思います!
posted by やまだ@頑張るっす at 20:00| 新潟 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。