2016年09月04日

『モノキリガタリ』公演初日間近!


あまりに間隔が開き過ぎて、危うくログインパスワードを忘れかけていました。久々すぎてすいません。ヤマダです。

色々あったのですが、まずは1年前に生まれた子供が日々スクスクと成長しながらも、俺自身は家族のサポートを受けることができながら、こうやって役者としても活動できていることに感謝です。本当に有難い。

さて、前々回公演『ウルトラリップスI(ai)』から更新が滞っておりましたが、ハンニャーズホームページ上でも紹介の通り、次回公演『モノキリガタリ』の公演が間近に迫ってきました。

公演前に多くを語り過ぎるワケにはいかないのですが、今回の公演は、ハンニャーズとしても【初めての試み】に数多くチャレンジしています。


その1。オーディションによる客演多数。
これは前回『メガミノコンセント』でもそうでしたが、ストーリー物でベテラン俳優の方々に頼らず、フレッシュな面子を揃えて、というのは初めて。
最初は基礎練習からスタートしました。相手が変わると自分の中から出てくるイメージも変化がありますね。新しいメンバーでの化学反応を見せられたら、と現在鋭意稽古中です。

その2。物語のイメージに合わせた所作。
今までは(舞台背景もナンセンスなコメディは別として)現代付近が多かったハンニャーズ作品ですが、今回はそれとはガラリと変わったイメージの舞台になっています。
当然、動き方等の所作もそれに合わせて変えないとなのですが、これがまた衰え著しい身体がなかなか対応せず大苦戦。今も翌日朝に普段使わない筋肉痛みに見舞われています。

その3。挑戦的な配役。
役者をそれなりに長く続けていると「この人はこういったイメージの役だよね」ってのが次第についてくるものですが、今回は敢えてそのイメージからちょっと外側に位置する役に、各々挑戦しています。
「え、イメージに無かったけど、この人がこんな役?」と思ってもらえたらこの上なく嬉しい。役者としてはなかなか上手く消化できずに試行錯誤の日々なのですが。

その4。退魔の剣って?
そう言えば、あのシリーズにも…?

他にもまだまだあるのですが、今言えるのはここまで、でしょうか。
退魔の剣よろしく、今までのイメージを断ち切り、色々と新しい領域を切り開くような作品にするべく頑張っております。

チケットはまだまだ予約受付中です。

【モノキリガタリ】のチケット予約は簡単丁寧・迅速対応、こちらのチケット予約フォームから!

【モノキリガタリ・チケット予約フォーム】


続きを読む
posted by やまだ@頑張るっす at 14:16| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。